pagetop

PROJECT 社内プロジェクト

東北からしかできないことがある。
観光復興プロジェクト×快適生活研究プロジェクト×わくわくプロジェクト

私たちアスアールには、その道のデザインのプロフェッショナルが多数在籍しています。
そして、一緒に作っていきたい未来もたくさんあります。『デザインの力』で未来の夢を実現するためにプロジェクトを立ち上げ、色々なアイディア・特技をもったメンバーが集まり、日々挑戦しています。

『観光復興プロジェクト』は、我々の多くが暮らす『東北地方』を舞台に、デザイナーの力でその魅力を引き上げ、地域の価値を高めようというプロジェクトです。
『快適生活研究プロジェクト』は、少子高齢化が進む地域にデザインの力でお年寄りから子供までが快適に暮らせる環境を作り、持続可能な社会を後押しするプロジェクトです。
『わくわくプロジェクト』は、とにかくみんながワクワクしそうな夢を実現するため、ベテランから新人まで全員が1つの課題でデザインを描き、最適なものを社会に働きかけていくプロジェクトです。

東北からはじめよう。

『思い』を伝えることは、とても難しい。
送り手の『思い』をどんな方法で受け手に届けようか・・・
私たちの作るデザインは、見えない心と心をつなぐ作業が結晶となってできています。
デザインの存在意義はその思いに彩を添えること。
時には華やかに、頑固なまでに正確に、相手が喜んでくれるように・・・たくさん心をこめて作ります。

流行を追いかけたり、古え人の技を加えたり、いっぱい詰め込んだり、そぎ落としたり、
この会社に集うメンバーのアイディアでプロジェクトは進行していきます。

アスアールの本社のある東北地方は少子高齢化・自然災害など「課題先進地域」と呼ばれることがあります。
この先、他地域で訪れるであろう多くの課題を、私たちがいち早く正面から受け止め、課題解決にむけ真剣に取り組んでいるプロジェクトです。
殆どの社員が東日本大震災を乗り越え、過疎の地域に触れ、グローバル化が進む今だからこそ、自地域の課題や魅力を把握しながら、共に幸せな明日を創っていきたいと進んでいます。

「デザイン会社だからできること」
「みんながワクワクすること」
そんなプロジェクトで明るい社会へ貢献してまいります。